内田院長の体ケアブログ

内田院長の体ケアブログ。随時更新中です。

内田院長の体ケアブログ

2013.04.22
やはり食べ過ぎはよろしくない

今月の初めに那須へ旅行に出かけました。

普段は朝食は食べず、昼ごはんも夜ごはんの食べる量もそれ程多くはない。

そんな食生活に慣れていたのもあって旅行中の食事はひどく多く感じられた。

 

旅行中は、まず朝食を食べた。

提供された食事の量は普通の人から見たら、それ程多くはない。

隣のテーブルのお客さんなんかも残さず食べている。

ソーセージ、スクランブルエッグ、サラダ、パンなど。

よくあるホテルの朝食です。

昼、夜も普通の旅館などに比べると多くはない所であったが、それでも普段の食事に比べると多かった。

 

そうするとどうであろう背中がまず重くなり、内臓もすっきりしない。

背中が重くなれば、当然、首も凝ってくる。

もともと首がよくない私にとってはこれはツライ。

 

さすがに2日目からは食べる量を減らした。

しかし、業の深さというか鮎の塩焼きなどが売られているとついつい食べたくなってしまう。

それでも1日目よりは量的には減っていたが、それでも体の調子はいまいち。

 

3日目は2日目同様に食べる量を意識して減らしたが、それでもいつもよりは多かった。

家に帰ってきても夕飯は食べる気もしないので食べなかった。

次の日も1日何も食べなかったら、だいぶ回復した。

 

普段からたくさん食べている人にとってはたいした量ではないかもしれないが、

小食に慣れている我が家の面子は皆調子を悪くした。

それが小食に戻したら、体が軽くなってきたので、食べ過ぎの影響は大きいと言える。

普段、小食にしている人は旅行中などは特に注意してほしいものです。

 

指圧マッサージ
内田治療院
与野本町:さいたま市中央区上峰3-6-8
       048-853-7958
板橋蓮根:板橋区蓮根1-8-13
       03-3966-5345

一覧へ戻る

Nadesico